【TW】リーチェ実装同時に仕様変更された13項目をチェック!全項目徹底解説

7月25日にリーチェが実装されました。されてから気がついたら8月。それだけリーチェの狩りやすさがもう半端なくやばい。タイムラインでも短期間でカンストが可能なキャラ。とにかくやばい!それがリーチェ。

でもリーチェ実装だけではないんですよ!リーチェのアップデート情報を隅まで読み通すと、仕様変更も同時に行われています。どんな仕様変更がされたかチェックしていきましょう。

リーチェ実装と同時に実装された仕様変更13項目

デスペナルティの削除

1つ目は、デスペナルティの撤廃です。これまでのTalesWeaverではLv6からデスペナルティの対象となっていました。デスペナルティとは、HP0になってからすぐに街へ戻るを選択するか一定時間経過後、経験値やSEEDの減少、装備品が壊れるといった死亡した際のルールです。

リーチェ実装と同時にデスペナルティが削除されることにより、プレイヤーはなんの心配もなくTWに集中できるようになりました。高レベル帯でデスペナルティを受けると、経験値の減少が半端ないほど持っていかれたことが懐かしい思い出となった瞬間でもあります。

イゼルダのルベ武器選択肢の表示改善

2つ目は、ネニャフルポイントでもらえるルベ武器選択肢表示の改善です。これまでは、武器の名前しかでておらずプレイスタイルに合わせて武器が違うキャラクターので、わざわざTaleWikiのサイト等で自分のルベ武器がどれに該当するか調べる必要がありました。

覚えていれば問題ないのですが、武器によってはややこしい名前だと覚えるのが手間ですよね。今回のアップデートでキャラのタイプ別に選択肢が表示されています。武器の名前を覚えることなく、自分にあった武器が選択可能になりました。例えば、アナイスならセピターとハンドベル、ベンヤなら鎌とハンマーといった具合にです。

取引ウィンドウの改善

3つ目は、取引ウィンドウの改善です。これまでは、友達以外との取引をするときにおいて、クラメンでも取引ウィンドウには、『友達じゃありません』と警告が出ていました。クラメンなのになんで?と思っていたプレイヤーも多いのではないでしょうか。

今回のアップデートで、友達とクラメン以外に警告を出すように変更しているので、信用取引がやりやすくなりました。さすがにクラメンが違うクラブのサブキャラと取引するときには、警告がでます。信用取引をするなら、同クラブのクラメンと取引すると詐欺対策にもつながるのです。

精霊の神殿HELLモード追加

4つ目は、精霊の神殿HELLモードの追加です。高レベル帯の人気狩場といえば、精霊の神殿。精霊の神殿といえば高レベル帯の狩場。結構人が多かったのが長年問題となっていました。

今回のアップデートで、ダンジョンの狩場としては初のHELLモードが追加されました。条件は、Lv295からとなります。外伝3をクリアしているとレベルの条件だけで狩ることができます。

精霊の神殿(N/H)クラブダンジョンに追加

5つ目は、精霊の神殿(N/H)がクラブダンジョンの追加です。特に精霊の神殿Hでは、極限したプレイヤーと一緒に狩りをしなければいけませんでした。極限済みプレイヤーと極限していないプレイヤーとの火力は、二次覚醒以後大きな差となって現れます。当然殲滅速度も違うので、未極限のプレイヤーにとってはなかなか効率があがらないことがネックでした。

しかし、今回のアップデートで精霊の神殿(N/H)がクラブダンジョンに追加されたことにより、自分のペースで狩りをすることができるようになりました。他のプレイヤーを気にする必要がないので、効率をあげられます。45分限定ですが、有意義な狩りを楽しめますよ。

異空間、プラバ防衛戦にて『出る』ボタン追加

 

6つ目は、異空間、プラバ防衛戦にて出るボタンが追加されたことです。コンテンツをこなしている途中でも退出できる、地味に便利な機能『出る』ボタン。夜明けの塔やクラブダンジョン等に設置がされている、今やTWにとってはなくてはならない機能の一部です。

今回のアップデートで、異空間とプラバ防衛戦に追加されました。特に異空間はボス討伐後、ポータルから出ていましたが、出るボタンですぐ退出できるので、通いやすくなりました。

上級シエンクリスタルダブルクリックで100,000,000(=100M)SEEDゲット

7つ目は、上級シエンクリスタルダブルクリックで100Mseedゲットできることです。上級シエンクリスタルは、シエンクリスタルを50個集める必要があります。効果としてはレベルアップのランダムボーナスを60%に引き上げます(通常は50%)。しかし、引き上げたところでなかなか思い通りのステータスになるタイミングがわからず、余ってしまいすぎることも。使い所がないところがネックでした。

しかし、今回のアップデートで上級シエンクリスタルをダブルクリックすることで、なんと100Mseedがゲットできるようになりました。余りすぎている人には、金策にもってこいなのでかなりの良アップデートとなっています。

シオカンヘイム要塞のボス討伐後の宝箱の獲得SEED上昇

8つ目は、シオカンヘイム要塞のボス討伐後の宝箱から取得SEEDが上昇していることです。シオカンヘイム要塞といえば、共通スキルストロングウェポンなどのレアがドロップする人気ダンジョンです。ほとんどのプレイヤーが日課としてこなしているコンテンツのうちの一つ。これまでは、取得SEEDが少なく、ほとんどのなけなしの金ならぬSEED状態でした。

今回のアップデートで、ボス討伐後の宝箱から取得できるSEEDが大幅上昇しています。ランクSSで300,000seedもらえることが確定しています。1日最低でも1Mもらえるので、ちょっとした金策としても有効になりました。

外伝1,2,3のクリア報酬の改善

9つ目は、外伝1~3までのクリア報酬の取得SEED大幅上昇です。TWの醍醐味は、チャプターの他にもチャプター外伝も楽しみのうちの一つ。あのキャラの以外な設定がしれたり、ゲージスキル取得に必要だったり、精霊の神殿の開放に必要だったりします。これまでは、頑張ったわりに課金したわりには、わりにあわなかったのです。

今回のアップデートで、外伝1~3をクリアすると見合った報酬を受け取ることができます。

デリンセヒル、シオカンヘイム、精霊の神殿進入クエストクリアで取得SEED大幅上昇

10個目は、デリンセヒル、シオカンヘイム、精霊の神殿の進入クエストクリア報酬の取得SEED上昇です。デリンセヒルは、N4まで開通しないと精霊の神殿進入クエストのクリアが不可能となっています。なかなかクリアまでの時間も長く、課金アイテムでクリアするプレイヤーもいます。クリアしたら報酬がもらえるのですが、これまではプレイした時間と労力のわりに報酬が少なすぎました。金策として意識するプレイヤーは皆無に近い状態でした。

しかし、今回のアップデートで、デリンセヒル、シオカンヘイム、精霊の神殿をクリアすると取得SEEDが大幅上昇。金策としても十分理にかなったSEEDがもらえます。確定している情報は、デリンセヒル、シオカンヘイムで50M、精霊の神殿で100Mもらえます。デリンセヒルのボス討伐はチームでも可能です。2PC前提になりますが、ロアミニかノクターンを作ってループするとかなりの金策になります。

デリンセヒル、シオカンヘイムの通常モンスターの取得経験値も上昇

11個目は、デリンセヒル、シオカンヘイムの通常モンスターの取得経験値の上昇です。これまでは、デリンセヒル・シオカンヘイムといえば、外伝3の通過点及び共通スキル取得のためのボス討伐という位置づけでした。したがって、デリンセヒル、シオカンで狩る人はあまりいませんでした。事実、影の塔よりかは取得経験値が少なくプレイヤーとしては影の塔で集中して狩ったほうが効率がいいのです。

しかし、今回のアップデートで、デリンセヒル、シオカンヘイムの通常モンスターの取得経験値が上昇しています。影の塔が混んでればシオカンいけばいいじゃない、と幅広い狩場の選択肢が増えます。シオカンヘイムは、沸きがいいので非常に狩りやすくなるのではないでしょうか。

Lv215以下の装備品ドロップ率低下

12個目は、Lv215以下の装備品のドロップ率が下方修正されました。というのも、復帰者には復帰者装備がもらえ、新規ももらえ、現役もLv215以下の装備品を使うことはめったにありません。ほとんどのプレイヤーが、オブリビオセットを用意して、探索箱+影の塔ですぐにでもLv265になれます。

Lv215の武器については、希少価値が出てくるので記念に1本取っておきましょう。

ブルーコーラルの雑貨店NPCがリーチェからレポスの兎NPCにバトンタッチ

最後は、ブルーコーラルの雑貨店のNPCがリーチェからレポスへバトンタッチされました。これまでは、リーチェが頑張ってくれてました。彼女にスポットライトがあたり、これまでの頑張りは兎のNPCレポスに引き継がれるのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です