スマートフォン版【テイルズウィーバーM】に何を求めるか

テイルズウィーバーM

 新情報が発表されたのでリライトしました!

遂に―テイルズウィーバーがスマートフォン版で楽しめます!

2018年5月に行われたファン感謝祭「テイルズウィーバー音楽祭2018」にて日本でも正式にテイルズウィーバーのモバイルアプリ版の制作が発表されました。

すでに公式より皆様のお手元にも情報が入っているとは思います。

2016年にネクソンは、韓国で行われたゲームショー「G-STAR 2016」で、新作スマートフォンゲーム『テイルズウィーバーM』を発表しています。

タイトルはズバリ【テイルズウィーバーM】

Mは恐らくMobileのMなんでしょう。ド直球なネーミングですね。

 

このテイルズウィーバーMは韓国で2016年に発表こそされたものの仕様はまったく公表されておらず具体的なサービスインの時期も決まっておりませんでした。

まずは、韓国で2016年に発表された動画がYouTubeにアップロードされておりますので見ていきましょう。

いかがでしたか?

開発中であろうインターフェースや慟哭の塔が背景に映し出されたエピソード1のストーリーなど、懐かしさに触れることができそうな映像が見て取れます。

次は今回発表されたカンファレンスでの動画です。

概要の動画は22:22あたりから―

2016年の動画よりもさらにインターフェースやエフェクトがPC版に近づき、オリジナルのコンテンツも実装されるようです。

では実際に2016年版やPC版テイルズウィーバーとの違いを見ていきましょう

インターフェースが進化

2016年発表時

テイルズウィーバーM_開発中

2016年発表時のテイルズウィーバーMインターフェース

上記が動画の中でのテイルズウィーバーMのインターフェースと思われる画面です。

PC版とはやはり大きく違いますね。

見た感じ互換性ゼロとしか捉えようがありませんが、モバイル版をプレイすることでPC版テイルズウィーバーに何か特典があれば、プレイヤーも触ってみようという気になるかもしれません。

 

2018年カンファレンス発表時

どことなく以前のインターフェースを継承しつつも、ダメージエフェクトやコンボ表示などPC版に近づいている気がします。

スマートフォン自体も性能が向上し、解像度や描画にも変化がありますね。

 

オリジナルストーリーやコンテンツを搭載

モバイル版だけのチャプターやクエスト、そしてコンテンツが実装されるようですね。

FULL MMORPGということはきっちり同時接続に対応するみたいなので、パーティコンテンツなどリアルタイムでのプレイが予想できます。

 

キャラクターデザインは新規採用

数年前よりユーザーから希望のあったキャラクターデザインの変更はどうやらモバイル版での採用が決定したみたいです。

現テイルズウィーバーキャラクターデザイン

新テイルズウィーバーキャラクターデザイン

より細かいデザインが施されていて、服装なども新しくなっています。

過去のモバイル版テイルズウィーバー

テイルズウィーバーはモバイル版として過去にいくつかアプリをリリースしています(いずれも現在サービスを終了しています。)

テイルズウィーバーコレクション

テイルズウィーバーコレクション

こちらはネクソンとmobageがタッグを組んだソーシャルゲーム「テイルズウィーバーコレクション」

2013年5月28日にサービスが開始され2013年11月29日にサービスが終了したガラケー&スマホ対応のカードゲームだったみたいです。(私は未プレイ)

 

テイルズウィーバーコレクションカード

ちなみに公式のページもあったみたいですね。→こちら

 

テイルズウィーバー(仮)

こちらはiPhone版アプリとして発売されていたテイルズウィーバー。

楽曲やマップ、ダメージ表現等々PC版に近い仕様で作られていたみたいです。

ちなみに完全オフラインで使用可能キャラクターはルシアン・カルツのみ。

価格は350円だそうです。(現在は購入不可)

 

 

まとめ

今回新たに発表されたスマホ版テイルズウィーバーは鋭意制作中ということでサービスのリリース日時は発表されていませんが昨今のスマホゲームの人気に上手く乗ることが出来れば、新たに新規ファンを獲得できるのではないかと思います。

個人的に注目したいのはPC版との互換性ですがこちらは今回発表された動画を見る限り一切なさそうですね。

アイテム等のトレードが可能であるかどうかはまだ見た感じわかりませんが、フルMMORPGということは当然期待せざるを得ませんね。

公式からの続報を期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です