水上商会

様々なオンラインゲームで活動したり、ガジェット紹介したりします。

TalesWeaver

【TW】こっそり聞いてみたEXP事情!リミットまで貯めるメリットとは?

投稿日:

扁桃炎で死にかけてたRJです。
熱、頭痛、鼻トリプルで体壊すとガチでヤバイので皆さんも健康にはくれぐれも気をつけてください。
まだまだ寒いですからね~。

今回のテーマは、レベリングのEXP事情についてアンケートを取った結果をお伝えします。

sponsored

 

アンケート概要


TWは、現在Lv265からだと言われています。
そのレベル以降、EXPオーバーになってからすぐあげるのか、リミットまで溜めて上げるのかを聞いてみました。
回答は、32票で、Twitterのアンケート機能を用い行いました。
ご協力してくださった方、ありがとうございますm(_ _)m

アンケート結果


上記のアンケートの結果、プレイヤーの78%さんがリミットまで溜めてレベルを上げることがわかりました。
では、何故リミットまで溜めてレベリングするほうがいいのでしょうか?
メリットを見ていきましょう。

 

EXPをリミットまで溜めてレベルを上げることのメリットとは?


 

リミットまで上げることによってMOBの経験値がすぐ上げるよりかは多くもらえる

TWでの経験値の仕組みは、EXPオーバーとリミット経験値の2つに分かれています。
EXPオーバーは、決められた経験値以上を狩ることです。
EXPオーバーすると、すぐにレベルがあげられるようになります。
もう一つのリミット経験値は、EXPオーバーしてもすぐにはレベルを上げず、設定された値まで経験値を貯めることができます

リミットまで貯めてからレベルを上げると、EXPオーバーしてすぐ上げるよりかは断然狩りやすくなります。
何故なら、EXPオーバーしてすぐレベルを上げると1体のMOBの経験値が減少してしまいますが、リミットまではその減少がありません。
レベル290が近づくに連れて、多くの経験値を貯めることができます。

 

 

 

ブログ村へお帰りはコチラ

ブログ村へお帰りはコチラ

Share Button

この記事の執筆者

RJ
RJプログラマー(ブログライター一時引退)
TWロゼ/ゼルナの現役プレイヤー。
現職プログラマーでライターは一時引退気味。

プレイヤー歴は10年以上最近ようやくゼルナでカンストを経験する。
アカドとかアカドとか登りたいけど絶賛詰まってます(笑)

アイコンからわかるように、革命の花火やサンスルでクエストショップをやっているウルリッヒがやばいほど好きな人(笑)
とある方のおかげで、ウィドマークの魅力にも気づき始める。

TWの他には、
ディズニーをこよなく愛し、東京方面の用事は200%の確率でディズニー(笑)

銀魂、おそ松さんあたりが現在のフィーバーアニメ。

sponsored

sponsored

-TalesWeaver

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【TW】公式HPに記載されていた2月22日から実装される『紫電一閃』の正体が明らかに!

2月21日本日、TWの公式サイトにおいて、2月22日(水)のメンテナンス後から実装されるイベントやアイテムの記載の発表がありました。 当初、みなさんこの文字に目がいったのではないでしょうか。 『紫電一 …

Share Button

【TW】これはやばい!ゲーミングマウスでプレイを効率よくやってみよう!

TWをプレイするときに使うマウスは?(次のネタで使用するのでよろしくお願いします) — よしひこ(RJ)@極・師匠はイラストを (@nasulrj) 2016年11月29日   今回のアンケ …

Share Button

ロアミニ実装前に情報おさらい

今日はロアミニ実装前ということで何番煎じかわかりませんが出揃ってる情報をインターネッツから拾ってきて おさらいしようというまたもや備忘録的なアレです。まずは日課報告から   定期ゴバンノン( …

Share Button
ルシアン3

【TW育成】ルシアンLv220-250Lvまでとカードスキルを考える

サブのルシアンを育て始めたので育成に関しても記事を残したいと思います。   sponsored 目次はこちらから1 【TW育成記事】わたしのルシアンの現状2 ゲーム内でのルシアンの評価3 わ …

Share Button
アニマサイズ装備

今週のダイジェスト

bennyu     目次はこちらから1 日曜日ということでbennyuの今週のダイジェストをお送りします1.1 【アップデート情報】1.1.0.1 この記事の執筆者1.1.0.1 …

Share Button